社協だより「人として」5月号を発行しました。

社協だより「人として」4月号を発行しました。

社協だより「人として」3月号を発行しました。

社協だより「人として」2月号を発行しました。

社協だより「人として」1月号を発行しました。

★不登校・ひきこもり「家族の声・通信」を発行しました。
  (第1号) (第2号) (第3号) (第4号) (第5号) (第6号) (第7号) (第8号)
  (第9号) (第10号) (第11号) (第12号) (第13号) (第14号) (第15号) (第16号)
  (第17号) (第18号) (第19号) (第20号) (第21号) (第22回) (第23号) (第24号)
  (第25号) (第26号)

社協では登録ホームヘルパーを募集しています。

筑後市社会福祉協議会のfacebookを始めました。

★「ふくおか・筑後きょうだい会」が結成されました(HPはこちら)※会員募集

今月の「事務局通信」

気づきと声をかける勇気。そして受援力

2016年5月
 「近所の公園に熊本ナンバーの車があり、気になって声をかけた。『昨夜は車内で過ごしたが、高齢の親がいて車中泊は限界』と言われていた」
 「社協ならどうにかなるかも…と思い、社協の電話番号を伝えました」

 熊本地震の2日後、ある福祉員さんからそんな電話をいただきました。そして、その方から「近所の方に紹介していただいて…」「泊まれるところがあれば…」と連絡がありました。

 早速、青年会議所等に協力を要請し、結果的にアパートの空き部屋で急場をしのいでいただくことになりました。

 しかし、そのアパートには車は1台しか停められない。この方は一家で来られていて車は2台。
 そこで、近所のパチンコ屋に「数日間、車を停めさせてください!」とお願いしたところ、「どうぞお使いください」と。

 社協からは寄付でいただいていた布団や物資等を提供させていただきました。

 このようにそれぞれの善意や理解がつながることで支援になりました。

 それにしても、最初のきっかけとなった福祉員さんの「気づき」と「声をかける勇気」。そして、見知らぬ土地で素直に「助けて」と言える熊本の方の「受援力」。それらがあったからこそスムーズに支援が進みました。     (善)


筑後市社会福祉協議会
            トップページ

〜私たちの手で 私たちのまちを 福祉のまちに〜

障害者相談支援事業
「ちくたくネット」

〒833-0032
福岡県筑後市野町680-1
TEL/0942-52-3969 FAX/0942-53-6677

筑後市の
福祉基本情報
社協のツイッター
社協だより
「人として」
講座・講演・
イベント情報
トップ
共同募金会
筑後市支会
総合福祉センター
地域福祉活動
筑後市社協
について
リンク集
情報公開について

〒833-0032
福岡県筑後市野町680-1
TEL/0942-52-3969 FAX/0942-53-6677
mail/chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp

※以前の事務局通信はこちら

最終更新日:2016年5月16日 
⇒セミナー・講座の申込みはこちらへどうぞ
アクセス
在宅福祉