第66期くらしと福祉の学級「居場所の力」を開講します。

社協だより「人として」1月号を発行しました。

社協だより「人として」12月号を発行しました。

社協だより「人として」11月号を発行しました。

社協だより「人として」10月号を発行しました。

★不登校・ひきこもり「家族の声・通信」を発行しました。
  (第1号) (第2号) (第3号) (第4号) (第5号) (第6号) (第7号) (第8号)
  (第9号) (第10号) (第11号) (第12号) (第13号) (第14号) (第15号) (第16号)
  (第17号) (第18号) (第19号) (第20号) (第21号) (第22回) (第23号) (第24号)
  (第25号) (第26号) (第27号) (第28号) (第29号) (第30号) (第31号) (第32号)
  (第33号)

社協では登録ホームヘルパーを募集しています。

筑後市社会福祉協議会のfacebookを始めました。

★「ふくおか・筑後きょうだい会」が結成されました(HPはこちら)※会員募集

今月の「事務局通信」

当事者は誰?

2017年1月

 不登校経験のある青年の話。

 「障害のある兄のことをバカにされることがきっかけで不登校になった。しかし、そのことは親には言えなかった。親は兄のことで一生懸命だった。

 当時の先生は、私を学校に通わせようとしてくれた、しかし、兄のことをバカにするクラスであることには変わりはなく、しばらく学校には行けなかった」

 そして、「私だけではなく、障害者をバカにするクラスメイトへのアプローチが必要だと思う」と彼は言いました。

 この話は、とても大事だと思います。

 様々な福祉課題を抱える人が増えている時代。その人たちだけへのサポートではいけない、という示唆がそこにはあるからです。

 例えば、椅子取りゲームをすると、誰かが座れません。どれだけ努力をしても、必ず座れない人が現れます。

 皆が椅子に座るためには、椅子を増やす、座席を分け合う、といった工夫が必要で、それは椅子に座っている人も当事者として考えるべきことです。

 ゲームと福祉課題を一緒に考えるべきではないかもしれません。しかし、自己責任という考え方だけではいけないのだと、私は思うのです。       (善)


筑後市社会福祉協議会
            トップページ

〜私たちの手で 私たちのまちを 福祉のまちに〜

障害者相談支援事業
「ちくたくネット」

〒833-0032
福岡県筑後市野町680-1
TEL/0942-52-3969 FAX/0942-53-6677

筑後市の
福祉基本情報
社協のツイッター
社協だより
「人として」
講座・講演・
イベント情報
トップ
共同募金会
筑後市支会
総合福祉センター
地域福祉活動
筑後市社協
について
リンク集
情報公開について

※以前の事務局通信はこちら

最終更新日:2017年1月16日 
⇒セミナー・講座の申込みはこちらへどうぞ
アクセス
在宅福祉