社協だより「人として」8月号を発行しました。

社協だより「人として」7月号を発行しました。

社協だより「人として」6月号を発行しました。

社協だより「人として」5月号を発行しました。

社協だより「人として」4月号を発行しました。

★不登校・ひきこもり「家族の声・通信」を発行しました。
  (第1号) (第2号) (第3号) (第4号) (第5号) (第6号) (第7号) (第8号)
  (第9号) (第10号) (第11号) (第12号) (第13号) (第14号) (第15号) (第16号)
  (第17号) (第18号) (第19号) (第20号) (第21号) (第22回) (第23号) (第24号)
  (第25号) (第26号) (第27号) (第28号) (第29号)

社協では登録ホームヘルパーを募集しています。

筑後市社会福祉協議会のfacebookを始めました。

★「ふくおか・筑後きょうだい会」が結成されました(HPはこちら)※会員募集

今月の「事務局通信」

「つまづかない」「つまづかせない」環境をつくる

2016年8月
 「採用試験や、就職後の職場の人間関係でつまづいてしまうのです」

 発達障害の方の家族から頻繁に聞かれるこの言葉。


 「空気が読めない」「人の気持ちが理解できない」などと言われ、障害のある本人が責められることも少なくありません。しかし、発達障害は脳の機能障害。本人の努力不足や家庭環境ではないのです。

 そして冒頭の言葉のような「つまづき」となり、負担を感じながら生活することでひきこもりがちになったり、二次障害として精神障害を引き起こす原因となるようです。

 しかし、これは本当に本人の「つまづき」なのでしょうか・・・。できないことや苦手なことにだけ目を向けている環境が結果的に「つまづかせている」のでは・・・。その環境こそが発達障害の人にとっての「障害」になっているのではないかと・・・。

 「つまづかない」「つまづかせない」環境をつくるために、その人を理解し、良いところ、得意なところに目を向けようとすることが必要なのかもしれません。       (拓)


筑後市社会福祉協議会
            トップページ

〜私たちの手で 私たちのまちを 福祉のまちに〜

障害者相談支援事業
「ちくたくネット」

〒833-0032
福岡県筑後市野町680-1
TEL/0942-52-3969 FAX/0942-53-6677

筑後市の
福祉基本情報
社協のツイッター
社協だより
「人として」
講座・講演・
イベント情報
トップ
共同募金会
筑後市支会
総合福祉センター
地域福祉活動
筑後市社協
について
リンク集
情報公開について

〒833-0032
福岡県筑後市野町680-1
TEL/0942-52-3969 FAX/0942-53-6677
mail/chikugo-syakyo@athena.ocn.ne.jp

※以前の事務局通信はこちら

最終更新日:2016年8月16日 
⇒セミナー・講座の申込みはこちらへどうぞ
アクセス
在宅福祉